作業員

時期によって変動するスズメバチ駆除料金|害虫や害獣の駆除について

このエントリーをはてなブックマークに追加

鳩の脅威について知る

ハト

日本全国に分布している鳩は、騒音被害や糞害を発生させる害鳥されています。鳩はテリトリーに対する執着が強いため、個人で追い出すというのは中々骨の折れるものとなるでしょう。そういった場合、駆除業者に依頼することで問題を解決することが可能です。

詳細へ

イエネズミの種類

ねずみ

イエネズミというのは、住居に侵入し被害を発生させるねずみのことを指します。その種類はドブネズミ・クマネズミ・ハツカネズミの三種で、どれもねずみ駆除業者に依頼することで退治することが可能です。

詳細へ

梅雨時期の羽アリに注意

シロアリ

羽アリのうち、一般的な黒羽アリであれば実害を及ぼすことはありませんが、その中には羽シロアリが紛れていることがあります。羽シロアリを発見した際には、シロアリ駆除業者に依頼して点検を行ってもらう必要があるでしょう。

詳細へ

駆除に掛かる料金相場

スズメバチ

スズメバチによる被害というのは、毎年発生しています。大きい被害では、死亡者も出ている程です。スズメバチはそれだけ危険であり、早期に駆除すべき害虫なのです。スズメバチの駆除は、それを専門としている業者に依頼することが最適です。依頼を行う上で、気になってくるのはその料金でしょう。スズメバチの駆除に掛かる料金というのは、業者に依頼する時期によって変動します。
業者に依頼する時期というのは、大きく1月から6月、7月から12月といったように分けることが可能です。1月から6月というのは、スズメバチの女王バチが巣作りを開始し、働きバチを増やしていく時期です。その時期であれば、蜂の攻撃性が低く簡単に駆除できるため、依頼時の料金が比較的安価になるのです。1月から6月の間に依頼した際に掛かる料金相場は、約1万5千円とされています。また、その種類がオオスズメバチだった場合、料金相場は約2万円となります。次に、7月から12月の料金について知っていきましょう。7月から12月というのは、巣が大きくなり働きバチの数もかなり増えている時期です。特に、秋口になると繁殖期に突入するため、攻撃性もピークに達します。そうなってくると、駆除の簡単にはいきません。そのため、料金相場は1月から6月の相場に比べ割高になります。7月から12月の料金相場は、約2万円とされ、オオスズメバチの場合であれば約2万5千円となるのです。割高になったといっても、その料金設定は良心的なものだといえるでしょう。